カテゴリ:TRIP( 35 )

週末は山梨にいます。 sanpo

という観光ポスターを、山梨県内のSAなどで見かけたことがありますが

私は最近、このポスターのとおり、休日は山梨にいます。

a0236883_15483779.jpg

山梨といっても富士五湖周辺で、中でも山中湖畔が多いです。

山中湖は富士五湖のひとつで、いちばん大きく、いちばん標高の高い湖。
(全国の中でも3番目に標高が高い場所にある湖)

自宅から近いのに、県が異なるせいか非日常を味わえます♪

a0236883_165312.jpg

湖畔に降りた時ちょうど帰ってきた、周回遊覧船【レイク オブ スワン】。
(直訳:“白鳥の湖”…ですね)

a0236883_15473777.jpg

一昔前、“猿岩石”で一世風靡した足漕ぎのスワンボートも種類いろいろ♪

a0236883_15471654.jpg

a0236883_1547087.jpg

もうひとつの隣県、神奈川県の箱根や芦ノ湖も近いので行きますが

やっぱり山中湖率が高いです。

湖畔は、お土産屋さん、美術館、レストラン、宿泊施設などの

観光業でぐるっと一周囲まれていますが

どの店もいつも閑散としていて、人に揉まれた記憶はただの一度もありません。

潰れてしまったらしい店やテニスやサッカーのコートが

いくつもそのままになっていて、寂れた雰囲気すら漂う、山中湖村。。。

それでも公衆トイレなどがいつもキレイにされていて、駐車場は全エリア無料!

富士山がいちばん大きく見える湖を、独り占めしたり、

お金儲けの手段にしていない心を素敵だな~と思います。

それをいつも以上に痛感したのは、世間が夏休み真っ只中のある日、

涼と癒しを求めていつものようにドライブへ行ったときのこと。

歩道もお店も人でいっぱいだったのです!

山中湖畔は大学の研修施設が多く、研修の学生たちが来ているようでした。

もう使用されていないと思っていたスポーツコートは全稼働で

周辺の小さな民宿に、サークル仲間かと思われる若者たちが出入りし

潰れていると思っていた店がすべて営業しているのでありました!!!

こんな賑やかな山中湖、見たことないっっ!!

どうやら私は、真夏にここへ来たことがなかったのだな、と思いました…。

そんな中、非常~に感激したのは

この混雑でも駐車場がやっぱり全エリア無料だったこと!!(☆O☆)

我が県の某I半島(笑)なんて、いつも無料が1500円だったというのに!

もうほんと、心打たれました…!!!ヽ(;▽;)ノ

9月に入り、また訪れると、いつもの静けさが戻っていました。

a0236883_15524996.jpg

夏はラベンダーが植えられ、ミツバチがせわしなく働いていた歩道の花壇には

今はコスモスが咲いていて、まだ少し生ぬるい風に揺られていました。

里よりもちょっと早い紅葉の時期も待っているし

これからの季節も、ちょくちょく行くことになると思います^^

a0236883_1653391.jpg


というか、雪が降る時期になったら行けなくなるので(山越えが…)

秋のうちにたっぷり満喫しておかねば☆
[PR]

by smilumi | 2013-09-20 18:43 | TRIP

連休といえば

GW明けに伊豆半島一周をして以来の、連休をいただきました♪
(5月は3連休でしたが、今回は2連休)

なので、また伊豆へ行ってきました~^O^

a0236883_13563624.jpg

今回の目的地は、前回、時間の都合で省いた2箇所。

南伊豆町の“弓ヶ浜”と、下田市の”爪木崎”です。

前回は、西側から半島へ入って南下して、そのまま海岸線を走り、

西側から北上して来ましたが(奥地まで行かない場合もこれに近いルートがお決まり)

a0236883_14185631.jpg

今回は初めて、半島の真ん中(中伊豆)を下田まで一気に突っ切り、

帰りは東側を北上して、熱海峠、十国峠を経由して帰って来ました。

a0236883_14191210.jpg

今回のルートは時間を短縮できそうな気がしていたんだけれど

伊豆半島に入ってからは確かに早かったけど

半島へ入るまで(街乗り渋滞)が長く、結果、所要時間は大して変わらなかったか長かったです(涙)

でも、中伊豆の山(峠)越えは想像よりもはるかに楽ちんで、

緑のトンネルを走るのはとても気持ちが良かったです^^

あと、ループ橋(標高の高いところから一気に下るために作られたクルクルまわる橋)もあるし

天城山中のわさびソフトクリームとか、ちょっとした楽しみもあります♪

a0236883_14275114.jpg

↑父から出発前にオススメしまくられた、森の駅のわさびソフト。

わさびはその場で生のを擦って乗せてくれます。ちなみにわさび抜きでも値段は同じ。

森の駅敷地内には、粉のわさびを練りこんであるタイプのわさびソフトもありますが

父はこの生タイプが好きなようで…

 ※わさびソフトは県東部では割と普通に売っています。
   わさびが名産としている地域が点在しているからで、
   私の地元にもわさび専門店がちょこちょこあり、
   練り込みタイプの方は地元でも手軽に食べられます。

そうそう、この日は早朝まで嵐で、家を出発する時点では

この天城峠は通行止めだとニュースでやっていました。

いざとなったら迂回するつもりで走っていったところ、

片側交互通行の場所があり、確かに崩れたらしい形跡がありました。
(道に片付けきれていない小さな岩がゴロゴロしていて茶色い水が流れていた)


さて、今回も美しい伊豆の浜と海の写真を撮りたくて行ったわけですが

爪木崎の駐車料金を調べていたら、他の方のブログで、

 岬前の駐車場はオンシーズンは有料で500円。
 徒歩15分ほど手前に、無料駐車場があった。

という記事を発見し、『まぁ仕方ないか~稼ぎ時だしね…』 と思いました。

伊豆半島にはまだ高速道路がなく、東西中ともに国道1本ずつのみ。

なので夏場は渋滞を避けることができません。

というわけで、私は夏に行ったことがなかったのですが

伊豆のいいところ=良い観光スポットがすべて無料なところ!でした。

しかし今回は…

まず訪れた弓ヶ浜、浜に近づくなりまず大きく目に入った【駐車料金1000円】の文字!!

せ、1000円!!?? 高ッ!!!

払いたくない人も多いようで(そりゃそうだよ…普段タダだもん。。。)

駐車場の脇に、ずらりと車が縦列されていましたw

今回は弓ヶ浜撮影は断念して、次の目的地、爪木崎へ行くことに。
(見れただけで結構、満足したし)

途中、下田市の”まどが浜海遊公園”に立ち寄ってみる。

a0236883_14415787.jpg


いいなぁ~海の見える公園!! 近所に欲しい~♪

写真中央に流れている川は、なんと温泉!

a0236883_14431031.jpg

スタート地点はこんな感じになっており、足湯を楽しめるようになっています^^
(この時期は、暑くて誰も浸かってませんでしたが)

そして爪木崎、、、

そこにもなんと【料金所:1500円】の文字が!!!・゜・(ノД`)・゜・

どこもかしこも1500円は私にはちょっと無理~。

もういいや~。大好きな外浦海岸でのんびりして帰ろう。

と思い、すぐそこの外浦海岸へ行くと…

まさかの、いや、でも、もうここまできたら、やはりというべきか…

以前はなかった、【有料駐車場】の看板があちこちに立ててあり、

そこには【1000円】だったり【1500円】と書いてありました。。。

泣く泣く、国道沿いの休憩所から、浜を眺めてみた…

a0236883_14485673.jpg
a0236883_1449327.jpg


そこから少し北上すると、たぶん下田では一番有名な“白浜海岸”があります。

ここは季節を問わず、年中、駐車場は有料の地域です。

本当に美しい浜なのですが、今回驚いたのが、こちらの駐車料金。

なんと! 700円でした(◎O◎)

どこよりも高いかと思ったら、どこよりも安かった!!!!!
(まぁ、観光客多いしね…)

でも真っ黒に日焼けした、怖そうなお兄さんやお姉さんたち(実際は私より若いかも)が

沢山いたので(というかいつもここはそういう方々で溢れてるので)怖いので寄らずに北上。

しばらくして、“シャボテン公園”の旅の駅に立ち寄りました。

車を降りると、とても目を引く看板が。

a0236883_1454516.jpg

むむむ!!!

自称:ソフトクリーム大使の私としては、これは気になって仕方がない!

でもしかし、さっきワサビソフト食べたしなぁ…

でも、ここで食べなかったらきっとものすごーーーく後悔してしまう!!!!

と、悩んだ結果、購入。

はい、美味しかったです!

★★★★☆ (星4つ!!!)

伊東マリンタウンのソフトクリームと良い勝負でした!(ということは私は伊東で食べれば良い。笑)

喉も潤ったところで、さらに北上。

途中からまた中伊豆へ入るか考えましたが、今回は海をほとんど満喫できなかったので

最後、熱海の“長浜海浜公園”に立ち寄ることにしました。

が!!!

なんと!長浜海浜公園も駐車が有料になっていました!!!!!

でもこちらはとても良心的で、【誠に勝手ながら7月13日~9月1日は有料とさせて頂きます】

というような看板が立てられていました(今までの場所にはどこにもそのような案内がなかった)

なので私も、おとなしく引き下がりました。

まぁそもそも、嵐の翌日で、海の色も良くなかったし、いいのさいいのさ(負け惜しみ)


そんなわけで、海岸線から早々に引き上げて、熱海峠へ。

途中の十国峠は、いつ来ても美しい緑と青空で、本当に気分が良かったです。

そして神奈川と静岡を結ぶトンネルを出て地元へ入ると、

国道脇に植えられているアジサイ並木(?)がちょうど見頃になっていて、とても美しかったです^^


そんなわけで、超スピーディーな伊豆レポでした。

また連休をもらえたら(夏が過ぎてから)伊豆へ行くかもです。

次回の伊豆ナビもお楽しみに(笑)
[PR]

by smilumi | 2013-07-19 15:19 | TRIP

伊豆半島一周 黄金崎 sanpo

伊豆半島の西側に位置する、夕景スポット【黄金崎】へやってきました。

a0236883_21294680.jpg

私はてっきり、夕日が金色に見えるくらいに美しいから、

この名前が付いているのだと思っていたのですが

そんな抽象的な表現ではなく、実際に金色に見える場所なのでした。

というのもここの土地は、安山岩が風化して

黄褐色に変質したプロピライトという物質でできているのだそうです。

夕方ではなくとも、あたりはオレンジ色~黄土色なのですが

これが夕日を浴びると、まさに金色になるというわけです。

a0236883_21344860.jpg

a0236883_21292928.jpg

その美しさたるや、日没の2時間くらい前から、人が待機して待っているほどでした。

私はというと、このあと日没までに土肥温泉まで急いで足を進め、

沈みゆく瞬間は、日帰り温泉で湯に浸かりながら満喫させて頂きました。

平日だったので宿泊の方もほとんどいらっしゃらなかったのか

展望露天風呂はひとりじめでした!!

とても贅沢な時間を過ごさせていただきました(*^^*)v

帰りは、すっかり夜になってからになってしまったので

山道がかなーり寂しかったですが

普段、休みは雨ばかりな私も天候にも恵まれ

とってもとっても良い1日、良い旅でした!


ひとつ…

今回、一ヶ所だけ、時間の関係で省いた場所がありました。

次回も晴天を願い、楽しみを膨らめておきたいと思います☆


長らく旅レポにお付き合い下さった読者の皆さま、

ありがとうございました(*^O^*)
[PR]

by smilumi | 2013-05-18 11:27 | TRIP

伊豆半島一周 奥石廊崎 sanpo

伊豆半島最南端の地【奥石廊崎】に到着しました!

a0236883_21431123.jpg
海の中に大きな岩がたくさん転がってるような、自然の造形美。

車を停めて、ハイキングコースを登ると、前も後も海が広がります♪


東側には、石廊崎風力発電所( J-POWER 電源開発株式会社 運営)が見えます。

a0236883_1944443.jpg

写真だとピンとこないかもしれませんが、ものすごく大きい風車です。

ここへ来る途中に近くを通ってきたのですが、不気味なほどです(汗)

電気を作るって大変なことなんだなとか、風ってすごい力だなとか思ったりしました。

奥石廊崎には、船でしか行けない秘境【ヒリゾ浜】があります。

シュノーケリングで大人気の場所で、その透明度、生態系、などなど

日本の海とは思えないほどの美しさだそうです。

上から見た景色はこんな感じ↓

a0236883_21221132.jpg

確かに色が、輝きが、見慣れた日本の海とは全然違います。

ただその船自体も、7月中旬~9月下旬までの運航となっていて、

今の時期は実質行けない場所です。そう思うとさらに神秘的ですね。

海へ潜れなくとも、奥石廊崎は自然の宝庫。

その景観、空気感、癒され度は最高でした!!

a0236883_2125845.jpg

a0236883_21251950.jpg

海まで続くようなハイキングコースを歩き、鐘も鳴らして帰ってきました♪


次回はクライマックス★、、、この度のいちばんの目的地【夕景のまち 西伊豆】へ!!!
[PR]

by smilumi | 2013-05-17 12:07 | TRIP

伊豆半島一周 竜宮窟

“開国下田みなと”という道の駅で、売店の女性と

会計をしながら軽く言葉を交わす中で、

『 下田に来たならば竜宮窟(りゅうぐうくつ)!』 と、強く勧められました。

でも会話の終わりの方で、私がひとり旅だと分かり、

ちょっとだけビミョーな空気感に…。

というのも、竜宮窟は、ラブパワースポットとして有名なのです^^;

実はここも5年前に訪れた場所で、確かに美しく、感動した思い出があります。

せっかくなので、ひとりでも行ってみました!

駐車場から階段があるので下りていくと、、、

a0236883_2150272.jpg

洞窟の中に海が入りこんできているよう。

そして上を見上げると、

a0236883_21522113.jpg

ぽっかり空いていて、空が見えます。

a0236883_2153980.jpg

洞窟の上側も散策コースになってまして、下を見下ろすこともできます。

行ってみます。

a0236883_21542785.jpg

所々に、海側がひらけているビュースポットもあります。

a0236883_21555963.jpg

南国~~~~♪♪♪

a0236883_227561.jpg

左側のすごい斜面の砂浜は“サンドスキー場”です。

そりに乗って滑ります。すっごい楽しそうなのでいつかやってみたいことのひとつ。

前回来たときは、たくさんやってる人がいたけど、この日は人っ子ひとりおらず。

そして、この眺め↓がラブパワースポットと言われるゆえんです。

a0236883_21451999.jpg

わかりますでしょうか? 大きなハートが見えませんか???(*^O^*)

神秘的な空間ですが、実は洞窟内は怪しげな空気もあり、

ひとりだとちょっと怖かった…結構足早に登ってきました(>_<、)=


次回は、ふたつめの目的地、伊豆最南端の地へ♪
[PR]

by smilumi | 2013-05-16 11:03 | TRIP

伊豆半島一周 ペリーロード

下田は、ペリーが来航した歴史を持ち、

ペリーロードという、古い町並みの散策路があります。

来航時にペリー自身が歩いた道だそう。

実を言うと、昔は毎年下田を訪れていたのですが

ペリーロードを歩いてみるのは初めて。

元来、私はしっかりとした地図を持ち歩かない性分なので(車にはナビもない)

今回も、とりあえず近くまで行き、あとはそのへんの人に聞くことにしました。

まずは駐車場(市営の無料駐車場あり)を探すために

軒先で水やりをしていた女性に声をかけたところ

『 ここまーっすぐいって、川渡って…とにかくまだ先よ。何時間もいるの? 』

と、聞かれたので、「 いえ、一周したら帰ります 」 と答えたら

『 ここに停めていいわよ。今日、うち休みだから 』

と、彼女のお店の駐車場を勧めてくれました!!

最近、こんな親切な人に会ってなかったので(爆)驚きすぎてしどろもどろに…(笑)

そんな私を察してか、『 まぁ、良かったらよ。良かったら使って。 』 と。

結局、それはやっぱり気がひけたので、ご遠慮しました。

無事に駐車し、ペリーロードを探すも、いまいち見つからず、

また人に聞いたところ、すぐそこよ。と教えてくれました。

が、それが変なのです。

『 了仙寺の境内にある大門をくぐったら、そこからペリーロード。 』

???

境内の中に町があるの????

半信半疑で、言われた通りに了仙寺へ。

外側から見ると、一見、普通のお寺さんです。

確かに大門が見えましたので、そこまで行ってみました。

すると、、、、

a0236883_2121615.jpg

確かにあった!!!!門の中に町が!

驚きましたが、今思うと、逆なんでしょうね。

ペリーロードの端っこに了仙寺があって、大門をくぐると境内なのだと思います^^;

たぶん、説明するのに境内側からの方がしやすかったのでしょう。

ちなみに了仙寺は幕末時、日米下田条約が締結された場所です。

ちょうど時期が良く、境内は青紫のアメリカジャスミンの花が満開でした☆


次回もまだ下田レポが続きます^^
[PR]

by smilumi | 2013-05-15 12:04 | TRIP

伊豆半島一周 外浦・多々戸海岸 sanpo

西伊豆をほとんどノンストップで走り抜け、

気づけばひとつめの大きな目的地【下田市】に。

無料で、停めやすい駐車場のある“外浦海岸”に到着。

a0236883_23123896.jpg

熱海の、紺色の海とは全然違う、まるで南国のような、

白い砂、エメラルドグリーンの海!!!

数歩、歩き、その景色にあれ?っと思いました。

ここ、知ってる。

1周見渡してみると、以前泊まったことのあるホテルが海岸線上の高台にありました。

それで気づいたのですが、この浜を歩いたのは、

奇しくも(?)ちょうど5年前のこの日だったのです!

海岸には、何やら砂のオブジェがたくさんありました。

a0236883_2319589.jpg

なんかアラビアンナイトっぽい建物??

a0236883_23222647.jpg

猫???

a0236883_23223667.jpg

海をにゃがめています。(眺めています)

a0236883_23232679.jpg

あとで知ったのですが、課外授業などでよく使われる浜だそうで、

もしかしたらそういうので作られたものだったのかもしれません。

a0236883_23252495.jpg

それにしても、この浜の美しさは本当に半端ないと思いました。

オフシーズンであったし、入江ということもあり、とても静かなのも良かったです。

この近くの多々戸海岸も、同じような色の海岸でした☆

a0236883_20452143.jpg

こちらは湾ではないので、見渡す限りのエメラルドグリーン、

そして波がちゃんとあるため、サーファーなど人ががたくさんいたり

お子さん連れのママさん達も多く、割と活気のある砂浜でした。
(このあたりでは公園デビューならぬ、海岸デビューとかあるのでしょうか?)


次回も下田の続きをお送りします^^
[PR]

by smilumi | 2013-05-14 10:33 | TRIP

伊豆半島一周 熱海

熱海までは、通常1時間半ですが

今回は朝が早かったこともあってか1時間ちょっとで着きました。

海が大好きなので、見えたときはやっぱり嬉しかったです。

始めに降り立ったのは、以前より気になっていた“長浜海岸”。

a0236883_2252469.jpg

よく通るものの、歩いたのは今回が初めて。

とても穏やかな海岸でした。

サラサラの砂に感激! この感触、何年ぶりだろ~☆

改めて、1時間なら海が見たくなったらここへ来よう!と思いました。

私はどういうわけか、本当によく海が恋しくなるのです。

泳ぐわけでも潜るわけでもサーフィンするわけでもないのに。

熱海は観光業が発展していますが、

伊豆半島の玄関口にあたり、都心にもまだ出やすい地域。

たぶん生活としての便利さもそこそこだと思います。

古い町並み、歴史もあり、一方でイマドキなホテルなども。

色彩豊かな街です。

朝のひととき、少しこの長浜海岸で過ごし、さらに南へ車を走らせました。

この日はとにかく天候に恵まれ、最高のドライブ日和で

海岸線をただ走っているだけで良かった。

ので、このまま下田市まで一気に飛びます^^; スミマセン。
[PR]

by smilumi | 2013-05-13 10:00 | TRIP

伊豆半島一周 序章

常々、伊豆を一周したいと思って生きており

先日、突如、珍しく連休が貰えたので

実行するなら今しかない!と、実行することにしました。

誰にも会わずにただただゆっくりしたい。

それがこの旅行の趣旨。

海の見える宿で夕日を眺め、ひっそりと過ごしたいと思い、

頑張って探したのですが、

なかなかここだ!と思える宿が見つからぬままに当日に…w

結局、日帰りですることにしました。

a0236883_22205414.jpg

さて、何回かに分けて書いていくことになりそうなので

第一回目の今日は、先に反省点を書いちゃおうかなと思います。

① お土産を買わなかったたこと

 『伊豆に行ってきました』みたいなお菓子は嫌だし
 温泉まんじゅうもウチの人はこだわりがあるし
 フルーツはあんまり食べないし
 何か気の利いたものを買いたい。
 と思えば思うほど難しくなり、

 結局、たいしたものを何も買えずに帰宅w

 こんなことなら、『伊豆に行ってきました』でも
 買えばよかったかなぁ??と反省。


② 何も食べなかったこと

 おみやげはもちろん、美味しいものすら見つけられなかった私w
 現地でしか食べれないものや伊豆っぽいものを食べたくて、
 朝食も抜きで出発。
 でも早朝過ぎてお目当ての店がOPENしていなかったり
 雑誌にあった気になる店は通り過ぎちゃってたり…と、

 結局、一日中、ちゃんと食事をすることなく終わってしまいました。

 食べたのは、バックにもしものために入れておいたバウムクーヘンと
 途中の下田で、お腹がすきすぎてどうしようもなくなり
 特産のニューサマーオレンジのもなか(アイス)130円のみ。。。

 空腹での散策は、時折立ちくらみしました。
 いけませんね。


次の旅行に生かせたらなぁと思います。


では、次回より、美しい景色をめぐる、

伊豆半島一周日帰りの旅!をお送りします^O^
[PR]

by smilumi | 2013-05-12 22:32 | TRIP

忍野八海

雑誌で見かけた豆乳ソフトクリームを食べに

山梨県の忍野村にある、豆腐屋さんへ行きました。

お目当てのソフトクリームは

わざわざ食べに行くほどではなかったのですが(爆)

本業のお豆腐はどれもお手頃で(300g150円程度)

すべてが試食できたのですが、どれもとってもおいしかった!

忍野村は水がいいんだろうなと思いました。

というわけで、せっかくだから【忍野八海】に寄ってきました。
a0236883_20484174.jpg

ものすごーく久し(20~25年)ぶりです!
a0236883_20482524.jpg

人気の“中池”は、水深8m。底まで見える美しさに、足がすくみます。

が。実はこの中池は忍野八海のひとつではなく、

観光用に作られた人工池ということはあまり知られていない。。。

実は私も知らなくて、中池の写真しか撮ってこなかったというw

本物の8つのうち、今回見てきたのは“鏡池”と“濁池”のみでした。
(ゆっくり見たかったのですが、駐車場料が気になって)

今度、無料駐車場をちゃんと探してから、ゆっくり巡り直したいです。

そして今回も、山梨へ行くというのにズームのレンズを持って行ってしまい

一眼の出る幕なし(富士山が近すぎて撮れない。笑)

結局、地元に戻ってきてから撮りました。。。
a0236883_2048929.jpg

次回こそ、ちゃんと普通レンズを確認してから行かねば!!
[PR]

by smilumi | 2013-03-11 20:48 | TRIP