富士浅間神社

*****お知らせ*******************************************************

突然ですが、本日9月30日、この記事をもちまして

当ブログ【るみのこっそリゾート】を休止させて頂くことに致しました。

2年間のご愛読、誠に有難うございました。

**********************************************************************


富士山の登山道の入口のひとつ、須走口の正面にある【富士浅間神社】を初めて参拝しました。

この夏、富士山と共に世界遺産登録された、9つの浅間神社のひとつです。

a0236883_20573047.jpg

須走に住む友人が、小さい頃からここが好きで、なにかと散歩に来る。と話していたり、

山梨へ行く際、前を通るたびに自分自身も心惹かれるものがありました。

随分時間がかかりましたが、ようやく参拝の運びとなりました。

a0236883_2058165.jpg

驚いたことがいくつもありました。

いつも私が見ていた入口は、正門ではなかったということ。

想像していた何倍も大きい境内だったこと。

境内には湧水が湧いていて、本物の小川があること。

立派な森(杜)があったこと…などなど。

a0236883_20584761.jpg

たいてい、神社仏閣はどこも心が鎮まると思いますが、

今まで私は、そのような場所に行ったとき感じる、

誰かに見つめられているような、悪いことはできないぞ!心まで見透かしているぞ!

というような緊張感を神聖なものと思っていたようなことに気付きました。

ここは違いました。歓迎してもらえているような感覚がありました。

自分の波動と、その土地が発する波動が、ぴったり重なってしまったような感じです。

杜の高い位置に、県の天然記念物に制定されている大きなハルニレの木があり、

周りの木の葉っぱよりも一段か二段明るい、黄緑色の葉っぱから陽の光が透けていて

それを見上げると、涙が溢れてくるような、胸がいっぱいになる感じがしました。

a0236883_2057433.jpg

平日の昼間でしたが、私が参拝した数十分の間に、入れ替わり立ち替わり、

ひとり、ふたりと、参拝に来て、帰られて行きました。

場所柄、富士山登頂祈願の神社でもあり、

これから登ってくるという親子に写真撮影を頼まれたりしました^^


面白かったのは、休憩所に“おみくじの感想帳”というものがあったことです。

まず、おみくじの箱の所に 『 休憩所におみくじの感想帳があるので書いてください 』

という張り紙があり、行ってみると本当にありました(笑)

以前、住んでいた町の神社には、300円おみくじと100円おみくじの箱があり、

100円おみくじの箱に、『 凶が出てしまったら、こちらでやり直してください 』
(こちらには凶は入れてないんだろうか?)

と書いてあるのがあり、笑ってしまいましたが、最近の神社は結構ユニークですね。


この富士浅間神社は隣市の富士宮の浅間神社とは違って、あまり観光色は強くなく、

地元の人が農業や自営の店の一服時間に来ているような、そんな感じが多かったです。

友人が好きな理由を体感した、心温まる神社でした。

a0236883_20592126.jpg

[PR]

by smilumi | 2013-09-30 21:59 | DAYS